南山会 酒門診療所

職場復帰支援デイケア

職場復帰支援デイケアとは?

 うつ病になると、ひどく気分が落ち込んだり、やる気が起きなかったり、生活が昼夜逆転になったり、外出がおっくうになったり、家にこもりがちになって体力が落ちたりと、仕事に必要な気力や体力が低下してしまいます。このような場合、ひとりで回復を目指すのは、なかなか難しいものです。

 このデイケアでは、うつ病に苦しんでいる仲間と一緒に、復職に必要な気力や体力の回復を目指します。

(1) 生活リズムの安定

 決まった時間に来所しプログラムに参加することで、生活リズムの安定を図り、集中力や体力の回復を目指します。

(2) 復職までの目標設定

 安定した通所/集中力や体力をつける/通勤の準備(リハビリ出勤)・・・等、職場復帰への目標を一緒に考えます。

(3) うつ病を繰り返さないために

 再発予防のための知識を身につける/自分の考え方の癖に気づく/人間関係の悩みを話す/余暇の充実した過ごし方等、うつ病の再発を予防するための準備をします。

(4) 復職後のフォローアップ

 復職直後の不安を話す場所として、また仕事を継続していくために、復職後も面談を受けられます。

活動内容

プログラム

 
10:00〜12:00 オフィスワーク オフィスワーク CBT 個別面談
(卒業者)
昼 休 み
13:00〜15:00 勉強会 SST
(〜14:30)
(個別面談) 個別面談
(卒業者)
○オフィスワーク
主に計算問題を解いたり、パソコンでWordやExcelの練習をします。
○SST(社会生活技能訓練)
対人関係や集団行動を適切に行えるようなトレーニングを行い、ストレス予防方法を増やします。
○CBT(認知行動療法)
認知(考え)の在り方を修正し、気分の状態を改善させるため、再発予防のセルフモニタリング方法を学びます。

プログラムにかかる費用

  • 職場復帰支援プログラムの利用には、毎回「再診料」+「デイケア料」が必要となります。健康保険の適用となりますので、3割の自己負担額です。
  • ただし、自立支援医療制度の手続きをして承認された場合、医療費の補助を受けることが出来ます。その場合、原則医療費の1割が自己負担額となりますが、各世帯の所得によって自己負担上限額がありますので、それを超えると支払いが不要となります。手続きは市町村が窓口になります。
    また、参加者は、デイケア保険に加入していただきます。

参加の流れ

  • 主治医と相談の上、オリエンテーションや体験参加を行います
  • インテーク面接、簡単な心理検査を行います
  • (必要があれば、さらに別の心理検査を実施)
  • スタッフと相談して、回復段階に応じたプログラムを組みます

※1 参加ペースは、相談のうえ決定します。
※2 プログラムの参加がまだ難しいと判断された場合は、参加の取りやめを検討します。
※3 他の医療機関に通院されている方が参加を希望される場合は、情報提供書の提出をお願いします。
※4 卒業後3ヵ月後間は、希望される方に対してフォローアップ(面接)を行います。
※5 統合失調症、知的障害の方は現在、申し込みは出来ません。

問い合わせ先

酒門診療所デイケア部門 TEL 029-240-1084
【問い合わせ曜日・時間】
 月、水、木曜日の12:00〜13:00、16:30〜17:30

前のページへ戻る医院案内アクセスマップページTOPへ 酒門診療所HOME